So-net無料ブログ作成
検索選択

ギター大怪獣復活する!! 〜 JEFF BECK LIVE IN JAPAN 2015(その一) [僕のロック]

 いってきましたデェー、ZEPP なんば。
商業施設の一角にある、そのライヴハウスをJEFF大先生は
我々を熱狂の”るつぼ”に落とし入れてくれました。

 結論から言いますと、89年のギターショップ・ツアーから約25年、
一番内容が良かったです。
何が良かったって、

ドラム(ジョナサン・ジョセフ)
ギター(ニコラス・メイヤー)
ギター(ジェフ・ベック)
ベースギター(ロンダ・スミス)
ボーカル、ハープ(ジミー・ホール)

 という布陣だったわけですが、すべてのパートの人たちのテクが尋常では
なかったですね。特に私が心配していたドラムとキーボード・・・。
なんで今までこんな人が現れなかったのか、不思議です。
ジョナサンのドラムスは音が大きく、楽曲に対して的確なリズムを刻んで
おり、かつ、これが大事ですがジェフとの相性が良かったです。
悪いけど過去一連のドラマー達には失望が隠しえませんでした。なんせ
はっきり言えば記憶に残らない。唯一、ナラダ・マイケル・ウオールデン
は別格でしたが。
しかしジョナサンのドラムは最高でした。ジョナサンのドラムとロンダ
のベースがドカンドカンと鳴り響いて、すごくロックを感じました。
今回のライヴは場所として、向かって右側、前列4番目くらいでした。
そのせいか音が大きい。ギター・ショップ・ツアー以降は音が小さかっ
たので、今回大きい音で楽しめたのは大収穫でした。
やっぱり大音量のジェフは別格ですね。
ニコラスはギターからキーボードのパート他様々なジャンルの音色を
聴かせてくれましたが、とくに美しい繊細なフラメンコ・ギターが
素晴らしかったです。ジェフにはない世界です。


 どうもこの二人は意識してか判らないですけど、結果ジェフを発火
させていました。インプロビゼーションでは、ギターを中心にゴリ
ゴリ迫ってました。多分オーディエンスは唖然・呆然だったんじゃ
ないでしょうか。
ロンダ・スミスっていう人は、流石プリンス・ファミリーの人ですね。
JEFFが好きなファンク色を十二分に感じさせましたね。
そんでロンダがバンドに黒人色の影響を与えてますね。
なにしろ、この姉ちゃん格好よすぎるんですけど・・・。
あえて、いつも通りドラムの横にたたずんでいましたが、そのあえて地味
な姿が私的にはかっこ良かったです。
ソロパートでのチョッパー・ベースはもうなんというか、性的といって良い
くらいセクシー。


 ジミーホールとジェフの素晴らしさは次回で紹介します。


43253.jpg
格好いいね!

Jonathan-Joseph-Jeff-Beck-Band..jpg
ドラムのジョナサン・ジョセフ

The-Jeff-Beck-Band-2014-1024x568.jpg
すごい人達(笑)でした




nice!(6)  コメント(7) 

予約しましたゼィ 〜 ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション [僕のロック]

 ブログ仲間のyさんからBEATLESが新譜発売するよーって
教えて貰った「 ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディ
ション」を予約しちゃいました。
元々の音源(素の ザ・ビートルズ 1)は持っているんですけど、
今回音源とは別に、デラックス・エディションではレストア
された映像2枚がついてくるそうなので、これは買いかな、と。

 特に楽しみなのがDisk2枚目の「レボリューション」と
「ドント・レット・ミー・ダウン」の映像ですね。
前者のプロモは、場所が暗めでかつ、バリライト仕様での
スタジオっぽいところであります。
従いまして歌っている4人のお姿が、とにかく格好いいです。
後者はおそらく、映画「レット・イット・ビー」での屋上
ライヴパフォーマンスだと思いますが映画「レット・イ
ット・ビー」が商品としてリリースされない今、これも必見
ですね。

uicy77527-m-01-dl.jpg

images-5.jpeg
Revolutionのミュージック・ビデオ。当時はプロモーション・フィルムと呼んでいた。

images-4.jpeg
映画レット・イット・ビーの屋上パフォーマンスだ。




nice!(8)  コメント(9) 

行きますデェ Zepp Namba 〜 JEFF BECK LIVE IN JAPAN 2015 [僕のロック]

 今日セブンで発券してきました。
なにって、ゼップなんばで公演があるJEFF BECK先生の
チケットですがな〜。
久しぶりのライヴ、しかもお相手はJEFF BECK大先生だ。
あこがれの来日公演レポート書かせて貰います〜(笑)

 顔が緩みっぱなしだけど・・・不安もあります。
昨年、JEFFの公演を観たあるファンからは、「JEFF
BECK BANDになってしまった」と。
ヤン・ハマーやトニーハイマスと一緒だった頃の
スリリングさが欠け、ジェフベックとそのミュージシャン
という図式になっていると。ジェフがリーダー役になって
しまっていると、言っていました。
確かに昨年の公演の映像を見ると、残念ながら同意せざるを
得ない。
いいじゃん、別に。リーダーで十分じゃん。それでいいじゃん
と、思っている人は甘い!
知ってる人は知ってるけど、ロッド・スチュワートから
先のキーボーディストの布陣、コージー・パウエル、サイモン・
フィリップス、わりかし最近のテリー・ボジオなどなど、ジェ
フは相方が鉄人であればあるほど発火します。
具体的に言うと、ギター音が塊を起こし、すさまじくドライブ
します。危ない橋をどんどん突き進んでいきます。
「キュンキューン」といった様な変な(カッコイイ)音を連発
させます。
その結果、巨大な音が集結し、ライヴだと息が詰まる世界に
変貌します、おおげさじゃなくて。
結果、観てる人は「唖然・呆然」状態です。
僕は過去、二回だけその世界を経験しています。


 もちろん今のバックメンバー、そしてジェフは今のロック
世界では高水準ですけども。。。
うーん、やっぱり、かなめはキーボードとドラムスかな。
また狂ったJEFFを観てみたいなぁ。
あの空間を体現したいなぁ。。

pgtitle.jpg
sub_img01.jpg
うおっ、やっぱりうるわしのお姿ですがな〜。



nice!(6)  コメント(11) 

ウエンブリー・アリーナ席17分で完売!? 〜 BABYMETAL [僕のロック]

 先日お伝えしました通り、BABYMETAL(日本のメタルダンスユニットの
女の子3人組です)が来年 春にあのイギリスのウエンブリー・アリーナで
ワンマンライブを行うことが決まりました。
それだけでも驚きなのですが、なんでも2日(日本時間で9月3日)がその
チケット発売日だったそうですが、ヤッタみたいですね。彼女たち。
なんと発売開始から17分で”チケット完売”したそうです!!
今回ウエンブリー・アリーナはキャパ12,000人ということですが、買えなかった
人たちもいるみたいですね。


 彼女たちは昨年出演のソニスフェアで大成功を納めて以来、第2の拠点として
イギリスの市場を意識しているようです。したがってバンド人気もイギリスでは
特に高いようです。日本の熱心なファンからは早くもウエンブリー・アリーナ
2DAYSか??との意見も。いやはやスゴイっすね。


e55234cf-s.jpg
なんと販売と同時に即ソールドアウトとは。恐るべし・・・でしょう。




今年2015年にさいたまスーパーアリーナでみせた- Road of Resistance - のプロモライヴ。
後半の画面フラッシュするところなんかは、スーパーショウのゼップばりの演出で、思わず
めまいがしてしまいます。


news_header_BMreport_84_re.jpg

8月29日にイギリス・レディング、30日にイギリス・リーズでのべ9万人を前にライブを行った。「Reading and Leeds Festivals」からのショット。
後ろに見えるのは神バンドのベーシスト人気のBOHさん。
しっかし彼女たちカワイイのー。”シィンギッ”だって(笑)



nice!(8)  コメント(10)