So-net無料ブログ作成

The Beatles ホワイト アルバムセッション〜The Beatles [僕のロック]

  お話しすることは、ビートルズ・アンソロジー(ビートルズの
伝記映像集)を観た方はご存知のはずです。僕としてはこの
部分だけでも作品を購入した価値がありました。

 ポールがヘイ・ジュードの制作過程を話していましが、「この話題に
なると感傷的になってしまうんだよね」と前置きしながら話してくれ
ました。
話は、曲としてあらかた出来たヘイ・ジュードをジョンとヨーコに
聴かせたらしいんですが、ポールに言わせると。歌詞の一部が重複
しており、ポールとしてはそれを直さないとおかしい、と思っていた
そうです。それでもジョンにそのまま聴かせたらしんです。
ただし、歌っている最中にジョンの目の前で、重複した歌詞の部分に
至った時、(重複した)この部分はあとで直すからって・・・しつ
こくジェスチャーして伝えたそうなんですね。
そんなヘイ・ジュードを歌い終わったポールに対して、なんとジョン
はこう言ったそうです。
「歌詞を変える必要ないよ。重複しているその部分がこの曲の一番
いいところじゃあないかって」
想像もしていなかったジョンの発言をもらってポールは驚いたそう
です。
またジョンが言う事に納得して、歌詞を改めるのはやめたそうです。

 ここで僕が言いたいのは、誰があのポールの創った曲に対して、
否定(肯定)をし、かつ、納得させることが出来ただろうか、と
言うことです。
確かにエルビス・コステロ(90年、ポールのソロ〜フラワーズ
・イン・ザ・ダートで共演)や、ナイジェル・ゴドリッチ(ポールの
05年のソロ〜ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・
バックヤードを務めたレディオヘッドでも知られるプロデューサー)
達はポールに対して、ジョンのように否定は入れても納得させる
ことまではいかなかったと思います。


 ポールをも驚かせる視点を持ったジョン・レノンという人は
一体なんだったんだろう。この当時ジョンははヨーコにぞっこんで、
かつドラッグに心酔していたはずだ。


 最近になってポールも「いろんな人と協業作業をやったが、
いま一つしっくりこなかった」という様な発言をしていました。
そうでしょうね、パートナーとしてジョン・レノンは史上最強
だったんでしょうね。
 
 この話になるとポールだけじゃあなく僕も感傷的になってしまい
ます。

Unknown.jpeg
ホワイトアルバムにパッケージしてあった四人の写真

images.jpeg
史上最強の二人

images.jpeg
改めてポールとして、ジョンという人は、かけがえのないパートナー
だったんでしょうね。




nice!(7)  コメント(11) 

Hollywood Vampires 〜 Joe Perry, Johnny Depp and Alice Cooper (その二) [僕のロック]

 結果、ヴァラエティに富んだアルバム創りになっている
と思う。
サー・ポールも参加の”カム・アンド・ゲット・イット”は、
セッションが功をもたらしたと思うが、普段のポール自身の
作品にはないヘヴィな音作りになっててうれしい。ノリが
ビートルズの頃のよう。
なんてったってバラードだけじゃあなくってハードなポールも
最高だからね。
おなじみ ポールの専属ドラマーのエイブ・ラボリエル
・ジュニアもいいですね。のびのび叩いているって感じ
ですね。格好いい。


 二ルソンのカバーなんかも、彼の独特の性急さを良く表して
いるし。
 
 またこの勢いで次作を作って欲しい。もちろんサー・ポール
を交えてね。


rs_1024x759-150215150124-1024.HollywoodVampires-Frontrow2-jmd-021515_copy.jpg

798acde244b7f8d23a00f1555e60f76e.jpg
※強者揃い!


Come And Get It (Badfinger)
Vocals: Paul McCartney/Alice Cooper
Guitar: Joe Perry/ Johnny Depp
Piano: Paul McCartney
Drums: Abe Laboriel Jr.
Bass: Paul McCartney
Background Vocals: Johnny Depp/Alice Cooper/Abe Laboriel Jr./Bob Ezrin


One/Jump Into The Fire (Harry Nilsson)
Vocals: Alice Cooper/ Perry Farrell
Guitar: Robby Krieger/ Johnny Depp/Tommy Henriksen/Bruce Witkin
Drums: Dave Grohl
Bass: Bruce Witkin
Keyboards: Bob Ezrin/Bruce Witkin
Programming: Tommy Henriksen

※ロビー・クリーガー?ドアーズの曲だけ参加したんじゃあ
ないんだ!
※しかしデイブ・グロールってよく働きますね。

観ましたゼイ!ビートルズ!! [僕のロック]

 届きましたゼイ。ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション、
もちろんすぐ観ましたゼイ(もうエエ!)

 なんか演奏中にはピザかなんか食べながらギターも持たずに
4人歌うシーンがあったりして、それはそれですごいなと思い
ました。(ウイ・キャン・ウォーク・イット・アウトだった
かな?)
時間がなくて当日はMV4本まとめ撮りしたみたいですもんね。
ある意味、殺人的と言われた、当時の4人の忙しさが垣間見れ
ました。繰り返しますけど、ギターさえ手に持ってなかった
ですもんね。
すくなくともMVなんだから、ありえないでしょう(笑)
 
 古くはモノクロームの彼らからフリー・アズ・ア・バードまで
網羅されています。ファンとしてはマジカル・ミステリー・ツアー
のアイ・アム・ザ・ウォルラスとか入ってねーと思いましたけど。
しょうがないか、あれはあれでひとつの作品だから。

 個人的にさみしかったのは、ホワイトアルバム以降MV作りが
なされてないんですね。ブログ友達のyさんの意見は「あの
最悪な状況で、ヘイ・ジュードとレボリューションが存在するだけ
ありがたいと思え!」というご意見もあって、ごもっともなんです
けど、やっぱり期待してカム・トゥゲザー観ちゃうと悲しくなりま
すね。

 でも2015年の今でも影響力のあるビートルズはすごいですね!

uicy77527-m-01-dl.jpg


Beatles-at-the-BBC-008.jpg


The_Beatles_Last_Session_1969_Ethan_Russell_2048x2048.jpg
このころの時期の写真はジョンとポール以外は目を合わせてないみたいです。
とくにポールとジョージが顕著ですね。残念。




nice!(5)  コメント(8) 

facebookに投稿しました [僕のロック]

 わたくし事ですが、今回facebookにひっそりではあり
ますがURLを投稿(開示)しました。
これはfacebookの友達の方々が、自ら自分の写真とか
情報を開示されているのにたいして、自分は、なーんにも
していない事への反省からです。それってずるいですよね。

 もちらん本ブログを通して僕という人間をすこしでも
知っていただくため、と勝手に考えております。
つきましては、ブログ友達の方々には、今後ともより
いっそうご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願いします
デス。(カタいですね(笑))

IMG_1866.JPG

nice!(4)  コメント(10) 

Hollywood Vampires 〜 Joe Perry, Johnny Depp and Alice Cooper (その一) [僕のロック]

 このバンド、いわゆるスーパー・グループというユニット
なんだろうけど、個人的にはほとんど期待していなかった。
たぶん音的には、「ああ、こんなもんだろうな」と勝手に
思っていた。
アリス・クーパーが中心となり、ジョニー・デップとジョー・
ペリーが、そして豪華なゲストが入り交じったスーパー
グループだ。
聴いてみて、バンドに対して、偏見をもった僕は大変失礼
だった。
音がぶっ飛びです。なんだ、この異様なグルーブは。
あ〜びっくりした。

 とりあえず、"マイ・ジェネレイション"と"胸いっぱいの愛を"
が凄いですね。めっちゃくちゃカッコいい。
感心するのは、第一印象の音がとにかく凄いのだけれど、
音がロールしていますね。並じゃあ無い。これだよ、これ!!
アリス・クーパーのヴォーカルとハーモニカを中心に
音が洪水のように、湧いて出ています。
個人的には、ドラムのザックの健闘が、とても嬉しい。

 どうして若いヤツら、この音が出せないのか。
オヤジにいいように演奏させていいんだろうか。

 この音源、しばらくヘビー・ローテーションですね。


◯マイ・ジェネレイション
ボーカル : アリス・クーパー
ギター : ジョニー・デップ、トミー ・ハリクセン
ベース : ブルース・ウイットキン
ドラム : ザック・スターキー


◯胸いっぱいの愛を
ボーカル : ブライアン・ジョンソン アリス・クーパー
ギター : ジョー・ウオルシュ、ジョニー・デップほか
ハーモニカ : アリス・クーパー
ドラム : ザック・スターキー
ベース : キップ・ウインガー
※ 全員は知りませんが。

image.jpeg
2015年9月リリース

image.jpeg
おおっ、ポール様だ!

nice!(6)  コメント(9)