So-net無料ブログ作成

プリンス亡くなる [僕のロック]

 今日、友達から彼の死を教えて貰った。
死因はまだわかってないらしい。

 過去に何度も言ってきたことだが、僕がいままで
観たミュージシャンで「誰が一番、ライブが良かっ
たか」と聞かれたら、間違いなく彼、プリンスを
指す。
思い入れがあるミュージシャンとなると話は別だが、
それ程、彼のパフォーマンスは優れていた。

 僕は正直、またプリンスが、来日してくれる
ことを心待ちにしていた。彼を頼っていたと
いっていい。彼を失って、喪失感がすごく
大きいと感じる。残念でならない。
もうあのプリンスの新作に向かい入れられる
ことはないのだ。
プリンスのご冥福を心よりお祈りいたします。

prince-624-1384804531.jpg
nice!(7)  コメント(10) 

テリーボジオ・コンポーザー・シリーズ 〜 Terry Bozzio [僕のロック]

 いや、我ながらすごいアルバムを手に入れました。
今年一番なんてもんじゃあなく、一生物のアルバムに
出会えました。テリー・ボジオ・コンポーザー・
シリーズです。
なんと5枚組で、その内1枚はテリー自身のドラム・
ソロが収録されているようです。
テリー・ボジオの集大成的なアルバムなんでしょうけど、
僕にとっての、このアルバムの魅力は違うところに
あります。
そう”Me,Jeff Tony"という、つまり あのギターショップ
の面々の収録曲がはいってるんです。
恐らく同アルバムの”Two Rivers"と感じが似ているので、
ボツとなったと伺えますが、その出来たるや・・・。

曲はトニーのキーボードの鳴らす旋律と、それに準じた
ギターが印象的なナンバーです。
幼稚な表現ですが、魂の鼓動に響く、と言ったナンバー
で、何回聴いても、新鮮で神々しくあります。
驚くべきは、ナンバー自体が全く古くなってない事
ですね。今、テリーの新作だ、と言っても誰も疑わない
でしょう。いかにギターショップの面子が偉大だったか
わかります。
以前読んだジェフのインタビューで、このメンツでお蔵
入りになったナンバーがもう一曲あり、なんでもジェイム
ス・ブラウンとプリンスを足して2で割ったような、
ファンキーなナンバーだそうです。早く、日の目を浴びて
欲しい曲です。

613-tUT9IQL.jpg
テリー・ボジオ・コンポーザー・シリーズ 2015年の作品

85238982.jpg

Unknown.jpeg


nice!(2)  コメント(2) 

これよかった 〜 Toast a Ghost [僕のロック]

 毎度です。皆さん、4月に突入ですね。
新年度のところも多いと思います。。頑張ってくださいね。。

 さて、これよかったです。Toast a Ghostというバンド。
ネットなんかでも全然情報がなくて、外人さんということが
わかる程度です。

知ったのが、友達がJAZZストリーミングを教えてくれて、
流れてきた音に、やられちゃいました。
とくに、このアルバムの5曲目の「Sex Drive」を聴いて
みると、ステーヴ・ステーヴンスのようギターが耳に入っ
てきました。
すごく上手いのに、それを全然、前に押し出さないのが、
カッコいいですね。JAZZというよりロック的。。
そこがいい。

アルバム全編がおしゃれで、押入れの中から、似合わない
DCブランドの服をひっぱり出して着たい気分ですね(笑)

unnamed.jpg
アルバム〜Toast a Ghostだ。



nice!(1)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。