So-net無料ブログ作成
検索選択

ノー・クオーター 〜 ジミー・ペイジ ロバート・プラント(其の一) [僕のロック]

 皆さん、ご無沙汰してます。毎日暑いですねー。体調こわされていませんか?

さて、この作品は94年度作品で、大規模なワールドツアーも組まれました。
80年のツェッペリン解散以来、初めてフロントマン二人がバンドを組んだことで、
大変な話題となりました。元々はMTVアンプラグドの企画でロバートがジミーに
オファーしたそうです。なんでもロバートは新バンドの構想をもっており、ギタリストを
探していて、ふと「俺という人間を知りつくしてるのは、他ならぬジミーじゃないか!」
ということで。めでたくバンド結成の流れとなりました。
MTVアンプラグドでは「Unledded」と題して「このユニットはツェッペリンじゃないぜ!」
としましたが、聴きどころはやはり、ツェッペリンの楽曲。
そう、このユニットは独自の解釈でツェッペリンの曲の焼き直しをしてるんです。

渋谷陽一さんがライナーノーツに書かれている通り、ここで披露されているツェッペリン・ナ
ンバーは、いわゆる大ヒットものではないけれど、ツェッペリン・ファンなら納得のいく
ものばかりだ。

11816645_800_800.jpg

33707116.jpg


nice!(3)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。