So-net無料ブログ作成

福島 原発事故について [その他区分]

 数日前より伝えられていたが、福島原発における警戒区域内
にて飼育されている約3500~4500頭の牛、3万とも4万ともいわ
れている豚などを、国が殺処分することを12日決定をした。


 先日読んだ、ある報道雑誌では、避難区域のある牛舎小屋の
現況を取り上げていた。
写真を見ると、小屋でうつぶせになって眠っているように見える
その牛は、すでに息絶えていた。
また鳥がついばんだのであろう、、目玉を失っていた。
その現場で写真を撮っていたカメラマンが、かろうじて生存してい
る牛から、ふいをつかれ体をなめられたそうだ。
おどろいたカメラマンが、振り返ってその牛を見ると、とても綺麗な
目をしていたそうである。
そのカメラマンは後に、「せめて牛をつないでいる綱を解いて自由
にしてやれば良かった」と後悔していた。
その記事を目にした私は、悲しくてやり場のない怒りが込みあげた。

 昨日のTVニュースでは、乳牛として飼育されている牛が処分さ
れる場面を見た。
処分当日の朝、畜産農家の方は涙ながらに、処分される牛の乳を、
いつものとおり吸いあげてあげ、体を草で拭きあげていた。
そして牛がトラックの荷台に上げられるその時、その牛は一生懸命、
抵抗をしていた。本能で自身の先がわかるのであろう。
やむなく牛を処分する畜産農家の方の心証は、いかほどのものであ
っただろうか、言葉にならない。


なぜ、なぜ、なんの落ち度もない生き物を、処分してしまうのか。
人間じゃないから、殺していいのか。

我々は、せめてこのような事にならない様にと、微力ではあるけれど、
何がしかの協力をさせて貰っているのではないか。

弱いものを救ってやることが出来ないこの国が、なにが先進国だ。




国と東京電力は、弱い立場の者の視点にたって、事に望んで欲しい。
それが無理なら、殺処分というのは永遠に、これが【最後】にしていた
だきたい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。