So-net無料ブログ作成

大切なアルバム LET IT BE 〜 THE BEATLES [僕のロック]

 今更ながら、皆さん各々に、「一生を通して、とても大切なアルバム」
が存在すると思います。
僕の場合、枚数は決して多くないけれど、それでも忘れられないアルバム
が存在する。
それはビートルズの赤盤だったり、ツェッペリンのアルバムだったり、
はたまたジョージ・マーティンのイン・マイ・ライフ、マービン・ゲイの
アルバムだったりする。
もはや、手放す事などありえない程に愛着がある。嫁さんには僕が
”くたばった”ら、他に何もしなくていいから、これらのアルバムを一緒に
葬ってくれと言ってるくらいだ。
そのなかでも、ビートルズのレット・イット・ビーは別格である。

 たしか中学2年生の冬に、ビートルズがやってくる ヤア ヤア ヤア!と
HELP!とレット・イット・ビーの3本立てを観に行った。
まだプロモ・ビデオなんてない時代だ。かろうじてプロモーション・フィ
ルムがわずかにあるくらい。YOU TUBEなんて、SFの世界だ。
昭和53年である。時代としては”右肩上がり”だったかもしれないが、
いち地方の街であるからして、当然コンビニなんかない。今では
どこでもあるマックでもやっと一店舗ある位。まだまだ質素な時代
だったと記憶している。

 そこで観たレット・イット・ビー。小野洋子はすでに日本人からも嫌われていた。
というか、馬鹿にしていた、といった方が正しいだろう。
でも、ジョンとヨーコが、二人でアイ・ミー・マインを踊る姿には、ただただ感動
した。
リンゴとジョージは一貫して不機嫌ではあったけれど、ポールがパワフルだ。
いまでこそ、ポールのライヴでビートルズの楽曲が当たり前のように演奏されるが、
当時はそうじゃあなかった。あのロック・ショウの選曲がいっぱい いっぱいだったん
だと思う。
いまにしてみればレット・イット・ビーのポールは皆を鼓舞していたのであろう。
その姿に目頭が熱くなる。
最後の4人での屋上ライヴは感服した。ポールのベースはブンブンうなっている。
ジョンもポールの頑張りのせいで、ロックンローラーに戻っている。リンゴも
ジョージも何か感じるものが、あったと思う。

 1回目を見たときには、皆が騒ぐほど、4人の姿は険悪でなく、むしろ団結
しているようにも思えたが、観る回数を増やすごとに、そうではなくなって
きた。メンバーが皆ほとんど笑わないのだ。
なにか喉に詰まったような苦しい感覚を覚えた。悲しかったんだろうと思う。
だってビートルズが解散するんだぜ、黙って笑って観てられるかい。

 このアルバムは前にも言ったように、棚上げされた音源をフィル・スペクター
がオーバーダビングを施し、仕上げた、いわば”非公式”のアルバムだ。
(ビッグ・ジョージもポールも了承していない)
それでも、このアルバムがもつ、なんとも言えない叙情性を、僕は限りなく愛する。
そう、あの寒い冬を思い出すんだ。



original_459.jpg
THE BEATLES LET IT BEだ。


img_6.jpeg


images-3.jpeg





nice!(9)  コメント(9) 

nice! 9

コメント 9

獏

御意ですなぁ
獏も悩むことがあると
こういう大切なアルバムや曲を
一人で聴きます

by 獏 (2015-08-21 20:49) 

yukky_z

こんばんは~♪
実はこの『Let It Be』、ワタシが初めて買った、ビートルズのレコードなんですよ。当時中学生だったので、そういう細かい経緯は知りませんでしたから、映画共々、大好きな作品でした。とにかく、ビートルズがロックに回帰してるのが最高ですね。特に「Dig A Pony」,「I've Got a Feeling」,「One After 909」,「Get Back」と、どれもバンドがドライヴしていて大好きな作品です。
by yukky_z (2015-08-22 00:47) 

テル

ビター様

いつもniceありがとうございます。
by テル (2015-08-22 08:02) 

テル

Ujiki.oOさま

いつもniceありがとうございます。
by テル (2015-08-22 08:07) 

テル

獏さん

 毎度です。
>御意ですなぁ
笑いましたよ。いずれにしても
ご同意いただきありがとうございました。
by テル (2015-08-22 08:08) 

テル

ニクさん

 毎度です。niceありがとうございます。
by テル (2015-08-22 08:09) 

テル

yukkyさん

おーっ、初アルバムムだったんですね。
確かにこのアルバム、過去のものと比較しても
ライヴ感が溢れていますね。
勿論、もともとゲット・バック・セッションという
ものだったんでしょうけど。
隠れた名作が実は多いアルバムと言っていいですよね。

by テル (2015-08-22 08:12) 

テル

ネオ・アッキーさん

Nice有難うございます♩
by テル (2015-08-24 18:33) 

テル

りなみさま

 わぁ、たくさんお越しくださって
ありがとうございます!
いちオッサンとしてすごく嬉しいです。
by テル (2015-12-23 21:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。