So-net無料ブログ作成

いまさらながらコーダが好きだ 〜 レッド・ツェッペリン [僕のロック]

 いまさらながら・・・チョー好きです(笑)このアルバム。

この作品が、なぜここまで好きかいうと・・・。
一言でいえば、直近でリリースされたジミー・ペイジとロバ
ート・プラントのソロがしょうもなかったからです。
たまりにたまったフラストレーションがこのアルバムにて
解消されたであろう人は多かったと思います。
それだけこのアルバムの与えたインパクトは凄かった!

 冒頭の”ウィ・アー・ゴナ・グルーブ”でぶっ飛びました。
あのベン・E・キングのカバーらしんですけど(オリジナル
聴いたことないです)聴いたことないけど、これってゼップの
流れでしょ??
これを聴いた時の興奮は忘れられない。特に後半レッドゾーンに
突入するロバートのヴォーカルが快感ですね。自慢じゃあない
けれど、この曲をヘッドホンで聴きながらハモってたら、姉貴から
「アンタ気が触れたんじゃあない??」と真剣に心配されました。
そりゃそうだ、このナンバーに興奮している僕は気が触れてるよ。

”アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビーも凄い。
この曲の核となっているのは間違いなくボンゾのドラムスですね。
ジミーのギターは強弱がはっきりしていてカッコイイし、ロバート
のヴォーカルは誰にも真似できないでしょう。ジョンジーのベース
もシンプルでかっこいい。みんな凄いね。

 極め付けはボンゾのドラムソロが堪能できるボンゾーズ・
モントル。この曲を聴いて涙ぐむのは僕だけじゃあないと思う。
ドラムソロも凄いけどドラム・オーケストラになっている所が
凄いですね。みんな言ってるように、単なる元気いっぱいの
ドラムソロとは一線を画していますね。

 ラストを飾るのは”ウエアリング・テアリングだ。
なんだ、このめまいがするようなリフ展開は。
ペイジはボンゾと将来こんな音の構想をもっていた
ようです。すなわちボンゾのパワードラムと、心に突き
刺さるようなギターリフ、というものを・・・。

  この10枚目のアルバムは皆さんご承知の通り、アウト
テイク集です。でもゼップの良いところが、刻印されて
いるアルバムでもあります。
ゼップを知らない世代にも、「ゼップってこんなに凄いん
だぞ!」と、勧められるアルバムです。
そういう意味では、もっともっと、ゼップ聴きたかった
ですね。
このアルバムをリアルタイムで体験できた僕は幸せです。


CODA.jpg
1982年の作品


Unknown.jpeg


img_1.jpeg


images.jpeg



nice!(7)  コメント(9) 

nice! 7

コメント 9

テル

ビター様

nice頂きましてありがとうございます。
いつも、お料理素敵です!
by テル (2015-12-09 22:48) 

yukky_z

こんばんは~♪
ボンゾの死は途轍もなくデカかったですね... 4人のメンバーのうち、誰一人
欠けたとしても、Zep にはならないと思うので。一人一人が担った役割分担が、
他のバンドとは比較にならないほど強力だったんでしょうね? やっぱ、Beatles & Zep は別格の存在だと思います。
by yukky_z (2015-12-10 00:19) 

テル

Ujiki.oOさま

いつもniceくださり有難う
ございます。

by テル (2015-12-10 19:43) 

テル

yukkyさま

そうですね、セールス面だけとらまえても
ゼップ、ビートルズは破格のバンドだと思います。

>4人のメンバーのうち、誰一人欠けたとしても、
>Zep にはならないと思うので

たしかにそうですね。ただビートルズに関して
ポールにしても、ジョージとリンゴにあれだけ
ケチョンケチョンに言っておいて、実は彼らは
史上最強のミュージシャンだったって・・・・。
損な性格ですよね。6月生まれは(僕もそうです(笑))

いずれにしてもゼップはもとよりビートルズもあのメンバー
じゃあないとビートルズじゃあ無かったでしょうね。

by テル (2015-12-10 19:51) 

テル

獏さま

niceありがとうございます!

by テル (2015-12-14 20:29) 

片山ニク

いや〜 これいいアルバムですよ^_^
僕が高三の時ですね
よく聴きました
たしかNHKfmの年末ロック大賞で
その年 ツェッペリン一位だったと
思います^_^
by 片山ニク (2015-12-17 12:32) 

テル

片山 ニクさん

 そうですかぁ、じゃあニクさんも僕と
同じ年、ってことですね。NHKラジオでは
渋谷さんが熱かったですね。もろ彼の影響受け
ました。

by テル (2015-12-19 10:53) 

テル

ネオ・アッキーさま

 お越し下さりありがとうございました。

by テル (2015-12-19 10:55) 

テル

りなみさま

 niceありがとうございます。ここにも
来ていただいたんですね。
by テル (2015-12-23 18:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。