So-net無料ブログ作成

Hollywood Vampires 〜 Joe Perry, Johnny Depp and Alice Cooper (その二) [僕のロック]

 結果、ヴァラエティに富んだアルバム創りになっている
と思う。
サー・ポールも参加の”カム・アンド・ゲット・イット”は、
セッションが功をもたらしたと思うが、普段のポール自身の
作品にはないヘヴィな音作りになっててうれしい。ノリが
ビートルズの頃のよう。
なんてったってバラードだけじゃあなくってハードなポールも
最高だからね。
おなじみ ポールの専属ドラマーのエイブ・ラボリエル
・ジュニアもいいですね。のびのび叩いているって感じ
ですね。格好いい。


 二ルソンのカバーなんかも、彼の独特の性急さを良く表して
いるし。
 
 またこの勢いで次作を作って欲しい。もちろんサー・ポール
を交えてね。


rs_1024x759-150215150124-1024.HollywoodVampires-Frontrow2-jmd-021515_copy.jpg

798acde244b7f8d23a00f1555e60f76e.jpg
※強者揃い!


Come And Get It (Badfinger)
Vocals: Paul McCartney/Alice Cooper
Guitar: Joe Perry/ Johnny Depp
Piano: Paul McCartney
Drums: Abe Laboriel Jr.
Bass: Paul McCartney
Background Vocals: Johnny Depp/Alice Cooper/Abe Laboriel Jr./Bob Ezrin


One/Jump Into The Fire (Harry Nilsson)
Vocals: Alice Cooper/ Perry Farrell
Guitar: Robby Krieger/ Johnny Depp/Tommy Henriksen/Bruce Witkin
Drums: Dave Grohl
Bass: Bruce Witkin
Keyboards: Bob Ezrin/Bruce Witkin
Programming: Tommy Henriksen

※ロビー・クリーガー?ドアーズの曲だけ参加したんじゃあ
ないんだ!
※しかしデイブ・グロールってよく働きますね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。