So-net無料ブログ作成

ジョージ・マーティン亡くなる  [僕のロック]

今日の新聞でジョージ・マーティンが亡くなった事が記事になっていた。
8日に亡くなったそうだ。
ジョンの時もそうだったけど、こんな日が来るなんて思ってもいなかった、
というのが僕の正直な感想だ。

ビートルズが大手デッカのオーディションに落ちたのを、見出したのが
ジョージ・マーティンだ。
ビートルズ以外のメンバーと言える人は、突き詰めるとマネージャーの
ブライアン・エプスタインと、このジョージ・マーティンの事を示して
いると思う。二人の共通点は、何と言ってもビートルズのメンバー全員
から絶対的に信頼されていたことである。

いまではロック・アルバムの金字塔であるサージェント・ペッパーズ
・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドも評価が高いがジョージ・
マーティンが居てこそのアルバムだと思う。
ジョンとヨーコが一緒になってビートルズを離れてから、
フィル・スペクターにプロデュースを依頼するようになっても、
マーティンに絵葉書を送っていたくらいである。やっぱりジョンも
彼、ジョージ・マーティンを信頼していたのだ。
特にポールは、マーティンに1972年の、007死ぬのは奴らだ
と、1982年のタッグ・オブ・ウォー〜パイプス・オブ・ピースで
ビートルズの時代から引き続きプロデュースを依頼している。
ポールの意見として、高い位置から意見を述べてくれる人物であり、
やはり頼っていたのだと思う。
90年代に入ってあのアンソロジーでの新作でもポールはマーティンに
やってもらいたかったと言っている。ただマーティンさんが難聴に
なっているとのことで、有能なジェフ・リンが起用されたのだ。

  ジョージ・マーティンのインタビュ−で”今のミュージシャンが
プロデュースに、いそしむ姿をどう思っているか”という質問で
彼はこう答えている。
「ミュージシャンの魅力は、一番は楽曲であり、演奏力、バンドの
持つひととなり〜魅力でありプロデュースの役割は最後なんだよ」
という彼の発言がとても印象的だった。
また自身の魅力を問われた時、こう発言している。
「僕の音楽を聴いてくれた人々が、(音楽を携わった)ジョージ
・マーティンは何もやってないじゃないか!と思わせることだ。」
と、言っていた。
つまりミュージシャンの個性を存分に引き出すのだ。これを読んだ
僕は、マーティンは非常に器が大きな人だなぁ、と思った。

  彼が生前、残した”イン・マイ・ライフ”という作品でジェフ・
ベックは素晴らしい作品を残している。ジェフ・ベックの作品の
中でもベストと言える作品だ。もはやこの”ア・ディ・イン・ザ
・ライフ”はジョージ・マーティンの追悼曲であると思う。

 ジョージ・マーティンが、もうこの世にいないということは本当に
寂しい。
ジョージ・マーティンさんのご冥福を 心よりお祈り申し上げます。


CdFEfoKUEAA3JTs.jpg



nice!(6)  コメント(8) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。